建築パース制作は質の高い建築CGを提供するモデルノへ

3D Architect Rendering Farm 建築パース制作

建築パースに利用できる樹木低木素材とレタッチテクニック

377 views
約6分
    建築パースに利用できる樹木低木素材とレタッチテクニック
    1153065
    ある程度の建築パースが描ける方
    これから勉強しようと思っている方


    「樹木の素材はどこで手に入るのだろう」
    「海外サイトで見るようなパースが描きたいなぁ」
    「緑の合成は苦手だなぁ・・・」

    そんなことを考えている方に向けた記事になります

    今回ご紹介する内容は

    [建築パース素材 切り抜き樹木レタッチ編] 
    建築パース制作に利用できる樹木低木素材とレタッチテクニック
    読書さんへのメッセージ


    前回の人物データに引き続き、今回は樹木や低木の素材データをダウンロードできるサイトをまとめてみます。

    CPUの向上で綺麗な画が早くレンダリングできるようになりましたが、まだまだ樹木についてはレタッチに頼らなければならないと思います。

    今回の記事では、レタッチ時の注意点やテクニックを含め解説していきます。

    人物同様、素材データの質は建築パースの出来に直結してくるので
    有料のもの含め、高品質な素材を探してレタッチするようにしましょう。

    建築パースレタッチ用素材配布サイトをご紹介

    sozaiya.com

    人物素材「NO-N-NO」さんの無料素材サイト。
    切り抜き樹木だけでなく、前景・後景、低木や花など多種にわたる切り抜き素材がダウンロードできます。
    国内の切り抜き素材では無双状態ですね。

    sozaiya.com
    ● 会員登録:不必要
    ● 無料素材あり
    ● 有料素材は単体・DVD販売
    ● フォーマット:PSD、PNG

    古川建築設計

    有料素材でクオリティ重視なら間違いなくこちらの素材でしょう。
    無料で利用できるデータが多くなってきてるのでなかなか厳しめな価格設定かもしれませんが、それだけの価値ある素材です。

    古川建築設計
    ● 会員登録:不必要
    ● 無料素材はサンプルとしてあり
    ● 有料素材はDVD販売
    ● フォーマット:PSD、jpg

    MRCUTOUT.COM

    人物の記事でも紹介したMRCUTOUT.comさんでも樹木データが無料でダウンロードできます。
    人に比べてデータ量が大きいので、2.5MB/dayの制限の中で利用するのは厳しそう。
    どうしてもここでしか見つからない樹種のものがある場合に使うのがよいかもしれません。

    MRCUTOUT.COM
    ● 会員登録:必要
    ● 無料素材は1日2.5MBまで
    ● 15ドル/月〜から
    ● フォーマット:png

    Forester for Cinema4D

    少しタイプが異なりますが、手続き型で編集可能な樹木モデル作成プラグイン。
    「この樹種でこんな形のを!」とごく稀に要求されることがあるので、そのために購入しましたが未だその機会が訪れず・・・
    簡単に風の影響をうけたゆらめきをアニメートできる機能は好印象。
    建築はカメラアニメーションだけになりがちですが、使い所が結構あると思います。
    利用し始めたら記事で紹介いたします。


    3D QUAKERS
    ● Forester for Cinema4D 43,927円 Exxpansion Pack1・2 それぞれ13,429円
    ● Cinema4D R18〜


    レタッチ事例を元に使用の仕方を解説

    これまで紹介したサイトの無料素材を用いて樹木・植栽をレタッチして建築パースを仕上げていきたいと思います。

    モデル作成とベースレンダリング

    手前地面は芝系になるので、起伏をこの段階で作成しています。(若干なら雑でもOK)
    ざっとマテリアル・ライトの設定をしてレンダリングしています。

    Point!

    地面の起伏があるのと、右側の建物が単調なので少しだけ影を落とす木の3Dデータを配置しています。

    ベースのパースレタッチ

    アンビエントオクルージョンの追加や色域の調整を行いました。
    手前の芝がどうしても納得いかなかったので3Dモデルで再度レンダリングしました。
    こちらの画像をベースに緑素材の合成を行なっています。すいません、ここからがスタートです。

    芝面・草

    こちらの2点の画像を無料写真素材「Pexels」から拝借しました。赤丸部分を利用して合成します。

    左側、勾配のある地面は元の写真の輪郭をソフト円の消しゴムツールで消して、通常モードで乗せています。
    右側はあぜ道のような表現を意図して右側同様輪郭を消して、こちらはハードライトで乗せています。
    両方ともに彩度や色を調整してなじませていきます。

    樹木・低木の追加

    樹木はsozaiya.comより 
    「T2_090_タケ_Bamboo」「T1_131_シマトネリコ_buttonball tree」

    低木はMRCUTOUT.comより 
    「wild-grass」「bush-other-vegetation」「wild-grass-pennisetum」

    を利用しています。樹木の影の描き方は割愛します。

    Point!

    低木など地面と接するオブジェクトを合成する時は、一番下にレイヤーを設けて黒・ソフト円ブラシでシャドーを描きましょう。 描画モードは通常またはソフトライトがよいです。樹木の根元にも適用しましょう。

    背景の合成

    背景はsozaiya.comより 「H1037」「H1034」「P0054」を森感をイメージして利用しています。
    それぞれ色彩をだいぶおさえています。

    人物の合成と仕上げ

    道が合成で出来ましたのでそこに配置していきます。
    人物の合成の仕方についてはこちらの記事で紹介しています。おじいさんはMRCUTOUT.comより

    Point!

    最後に単色塗りつぶしレイヤーをオーバーレイでのせると雰囲気が出ます。今回はブルーを15%で適用。

    今回のまとめ

    以上が建築パース制作に利用できる樹木データとレタッチテクニックになります。

    よく海外の建築コンペパースなどで見かけるようなパースの雰囲気の作り方が理解いただけたかと思います。
    3DCGの技術というより、レタッチによるものが大きいです。基本は彩度を落とすことで似たような表現ができます。

    最後に 本当にクオリティにこだわった作品を作るなら有料素材を利用しましょう・・・・


    ▼その他のレタッチテクニックはこちらの記事にて▼
    >> [必見] 建築パースの描き方・レッタッチテクニックまとめ [徹底解説]

    Comments & Trackbacks

    *
    *
    * (公開されません)