建築パース制作は質の高い建築CGパースを提供するモデルノへ

3D Architect Rendering Farm 建築パース制作

【建築パース素材】プロが徹底解説 切り抜き人物素材とその合成方法

5668 views
約9分
    【建築パース素材】プロが徹底解説 切り抜き人物素材とその合成方法
    ひと
    人物の切り抜き素材を合成したいけどそもそもデータがない
    建築パースにどうやって素材を合成しているんだろう
    「高品質な切り抜き添景素材ないかなぁ」
    「建築パースをもっとかっこよくしたい」
    「うまく合成できない・・プロはどうやってるんだろう」

    そんなことを考え悩んでいる方向けの記事である。

    今回ご紹介する内容は

    【建築パース素材】プロが徹底解説 切り抜き人物素材とその合成方法
    読書さんへのメッセージ

    3DCGソフトを利用してパースをレンダリングしたけど、なんか物足りないなと感じたことがあるだろう。

    そんな時は、人物写真を合成し、スケール感やリアリティを高めてパースの質を上げることが必要だ。
    しかしその人物添景データはどこで手に入れるのか?どうやって建築パースに合成するのか?わからないことだらけだと思う。

    この記事では

    建築CGパースを制作しているプロが、実際に利用している人物素材サイトを紹介し
    (なるべく「無料」で利用できるもの)、その利用・合成方法を他にはないレベルで徹底解説していく。

    説明する内容をしっかり理解し実践すれば、今まで以上の建築パースが描けるようになることをお約束する。

    1. 【建築パース素材】切り抜き人物添景サイト紹介

    弊社で利用している切り抜き人物素材サイトを紹介していく。無料でもダウンロードできるデータもあるので、利用規約確認の上、活用していただきたい。

    1-1 : 「NO-N-NO」

    site

    日本人の切り抜き人物素材ならこちらの一択なる。
    質・量ともに申し分なく、人物以外にも樹木やテクスチャの無料素材もある。
    建築パース制作・レタッチを行うには欠かせないサイトだと思う。

    少しではあるが、人物の無料素材も利用できる。
    https://no-n-no.com/?category_id=5b631d3c5496ff1da8002485

    こちらの3シリーズは弊社でもよく利用しており、住宅・施設等の人物合成に最適である。
    新しい「Cutout People」シリーズよりも安定感があり、おすすめできる。

    最近は、3Dモデルの人物データに力を入れているようで、新しいサイトが立ち上がった。
    https://ddd.pink/

    3D人物について、一定の需要はあるが課題がものすごく多い印象である。いまのところは、外装の鳥瞰CG制作時に有用か。

    ● 会員登録:必要
    ● 無料素材あり
    ● 有料素材は単体、セット・DVD販売
    ● フォーマット:PSD、PNG

    >>「NON-N-NO」の公式サイトはこちら


    1-2 :「MR CUTOUT.COM」

    site

    外国人の場合は3択になる。
    1日あたり2.5MB上限で、無料でも切り抜き人物素材がダウンロードできるこちらのサイトは特におすすめだ。

    有料会員になると、月15ドルで70枚まで利用可能。
    海外のコンペ案パースのような雰囲気に仕上げたい場合は、こちらの素材を利用するとよい。

    A3程度に印刷、そこまで手前に配置しない限りはsmallサイズで十分な大きさだ。

    ● 会員登録:必要
    ● 無料素材あり
    ● 有料素材はサブスクリプション契約が必要
    ● フォーマット:PSD、PNG

    >>「MrCutout.com」の公式サイトはこちら


    1-3 :「VIZ PEOPLE」

    次はこちらのサイト。人物だけでなく、モデルデータやテクスチャもクオリティが高く、建築パースのクオリティアップに繋がることだろう。

    いろいろなタイプの人物素材が用意されているというよりかは、人物数名のアングル違い(背後からや上から等)が多数収納されたシリーズものの販売になる。

    無料データもあるのでチェックしてみよう。
    https://www.viz-people.com/free-stuff/

    ● 会員登録:必要
    ● 無料素材あり
    ● 有料素材はDL販売
    ● フォーマット:PSD、PNG

    >>「Viz People」の公式サイトはこちら


    1-4 :「VIShopper」

    最近弊社でよく利用しているサイト。
    有料メインで、アジア人のボリュームもありレベルが高い。クレジット購入後、それを使って個別のデータをダウンロードする形式。1データで約300~350円前後なので若干高めか。民族衣装やモデルなど、少し特殊なものも取り揃えている。

    無料データも登録なしでダウンロードできる。150枚以上あるので要確認だ。

    ● 会員登録:必要なし
    ● 無料素材あり
    ● 有料素材はDL販売
    ● フォーマット:PSD

    >>「VIShopper」の公式サイトはこちら


    1-5 :「Architizer」

    アメリカの建築コミュニティーサイト「Architizer」が無料の人物素材データを配布している。
    ファイル形式はPSDで、長手3000ピクセル以上の高解像度で影レイヤーも付いてくる。

    利用規約等の記述が見つからなかったので、それぞれ確認の上、利用してみて欲しい。
    >>「Architizer」の公式サイトはこちら


    2. 【建築パース素材】人物添景の合成方法を解説

    それでは実際に人物写真素材を合成する解説を行う。
    レタッチ元のパースとして、下図のような戸建住宅の外観パースを用意した。

    2-1. どのような人物素材を挿入するか考える

    建築パースにもストーリが大事である。

    今回考えられる候補としては
    1. 玄関から出て外出しようとしている家族を合成
    2. 車に乗ろうとしている家族を合成
    3. 家の外で遊んでいる家族を合成
    4. 家に帰ろうとしている家族を合成


    ぐらいが思い浮かぶ。どれがよいと思うか?

    ・・・・・・・・
    この場合多くは4番の「家に帰ろうとしている家族」を選ぶとよい結果が得られる。

    その理由は・・・・・・・・・・後ろ姿であるからだ。

    建築パースはあくまでもイメージ図。写真ではない。その建築パースに人の写真が顔つき(正面向き)で合成されているとリアリティのバランスが悪くなってしまう。

    なので、後ろ姿程度の「抽象性」がちょうどよいのである。ためしにいままで作成したことのあるパースで人物を後ろ姿多めにしてみて欲しい。以前の雰囲気よりも一段階クオリティが上がったように見えるはずだ。

    2-2. どんな状態の写真素材がよいのか 

    今度は人物写真の足元に注目してほしい。

    その素材写真自体にパースがかかっているものだと、うまく合成するのはそもそも難しい。
    具体的に選んではいけないものの例を見てみよう。

    この画像に描かれた赤ラインに注目して欲しい。パースがかかっている写真はこのラインの角度が大きい傾向がある。(歩行中等の足をあげた状態のものは除く)なのでこのパターンは避けた方がよい。

    逆に下の画像のように
    描かれたラインの角度がゆるやかなものを選ぶと、合成がうまくいく場合が多い。写真素材自体に強めのパースが既にかかっているため、合成元とのバランスが悪くなってしまうからだ。

    ちなみに先ほど紹介した「MR CUTOUT.COM」の素材については、このあたりでの問題が少ないので利用がしやすい。

    2-3. パース上ではどのくらいの大きさなのか

    当然だが、人の大きさがリアルなものとかけ離れてしまうと、不自然な合成結果になるので注意が必要だ。

    慣れてしまえば感覚的に合成できるようになるが、それまでは3Dソフトの方で確認しながら進めたほうがよい。
    ここからCinema4Dでの作業による解説になる。

    ウィンドウ上部にある立方体タブを長押しで出るパレットに「フィギュア」という項目があるのでクリック。
    レイヤーにフィギュアが追加され、属性パレットに項目が出てくるので、一般的な身長170cmに設定する。

    合成しようと想定している場所に配置して、頭と足の位置を確認しておこう。
    また、フィギュアに当たる太陽光と落とす影もチェックしておくとよいだろう。

    2-4. 実際に人物素材を合成する

    今回は上図の人物写真素材を使って合成をしていく。パース左側から帰宅するイメージで進める。足元の角度もよい。

    Cinema4D上で確認した大きさを基準に写真を配置する。(上画像左)

    そのままでは明度が高いので、元画像に馴染むよう「明るさ・コントラスト」で調整。
    その後、「色相・彩度」で彩度の項目をマイナスにもっていくとうまく行くことが多い。


    太陽光のあたる角度や落とす影の大きさは問題なさそうなので、
    影を少し強調するだけでよいかと思う。(上画像右)

    このような形でレタッチが完了。

    ちなみにこちらが背面スタイルの人物写真のレタッチ結果になる。
    太陽光の当たる方向がパースと逆なので今回採用しなかったが、言われないとわからないレベルではある。


    3. その他添景素材(樹木・3Dモデル・テクスチャ)記事紹介

    建築パース制作では人物添景以外の樹木切り抜き素材や、3DCG上での3Dデータ・テクスチャなどの素材が必要となる。
    それらも当ブログ記事で紹介・解説しているので参考にしていただきたい。

    樹木・低木切り抜き添景・3Dモデル・テクスチャデーターについての記事はこちら。
    >>【建築パース素材】プロが徹底解説 切り抜き樹木・植栽とその合成方法
    >>【建築パース素材】プロが普段から利用している3Dモデルサイト7選
    >>【建築パース素材】無料で利用できる高品質テクスチャサイト【6選】


    【建築パース素材】切り抜き人物添景合成 まとめ

    以上が、日々建築CG制作者のプロが利用している切り抜き人物素材とその利用・合成方法となる。
    海外のコンペや作品集でみるような雰囲気に仕上げることもそう難しくはないと思われたのではないだろうか。

    今回紹介したポイントを意識しながら素材を選び合成を試みれば、間違いなくパースのクオリティが高まるはずだ。

    このようなレベルで解説している書籍やサイトはないと思うので、ぜひ参考にしながら実践してほしい。


    ▼その他のレタッチまとめ記事▼
    >> 建築パースの描き方・レッタッチテクニックまとめ

    ☆この記事がお役にたちましたら、↓シェア・リツイート・ピン・ブックマークをよろしくお願いします。

    コメントはこちらから

    *
    *
    * (公開されません)