建築パース制作は質の高い建築CGパースを提供するモデルノへ

3D Architect Rendering Farm 建築パース制作

【初心者向け】内観パース・インテリアパースとは?その種類、作り方や利用方法を解説

1646 views
約4分
    【初心者向け】内観パース・インテリアパースとは?その種類、作り方や利用方法を解説

    いろいろな呼ばれ方をする建築パースについて整理し解説することで、その違いや制作方法などの情報を掘り下げて解説していこうと思う。

    今回は「内観パース・インテリアパース」について。
    ある程度その意味をイメージできる方ばかりだと思うが、改めて真っさらな気持ちで読んでみて欲しい。
    いままで知らなかった内容や気づきが見つかるはずだ。

    1. 内観パース・インテリアパースとは?

    内観・インテリアパースとは室内の要素を人の目線(アイレベル)で立体的に描いたパース図のことを言う。インテリアを構成する家具や照明、仕上げのマテリアルを反映させて空間のイメージを具現化したものである。

    店舗や住宅を中心に制作が行われる。特に店舗パースに関しては、内装材、納まり、意匠についての幅広い知識が必要とされると共に、それらを表現する3DCGの高い技術も要求される。


    2. 内観パースの制作方法

    基本的には、【初心者向け】「CGパース」とは?その種類・制作方法や価格を解説の記事で解説した、CGパースの作り方と同様の工程をたどる。

    室内の環境であるための特徴としては、CG技術の革新によってシンプルなライトの設定のみで比較的簡単に綺麗が画像が生成できるようになった。しかし一定以上のクオリティを求めるとなると、高い技術力と知識・経験が必須である。

    外観パース制作に比べ、形状を作成するモデリング能力やマテリアルを上手に表現する質感設定が重要である。
    スケール感や賑わいを表現するために人物や商品の写真合成は欠かせない。

    関連記事
    >>【建築パース制作】インテリアの視覚効果と配色
    >>【建築パース制作】床色で決めるインテリアコーディネート

    >>インテリアスタイルとカラースキーム【建築パース制作】


    3. 内観パースにはどんな使い方がある?

    内観パース・インテリアパースを制作して実際にどういった利用方法があるのか解説していこう。

    3-1. 不動産(マンション・住宅)

    外観同様、実際に存在しない段階でもその完成形が容易に把握できるようになる。
    家具や照明、仕上げの素材が表現されたインテリアパースは、その場面での生活が自分事としてとらえられる有用なツールである。

    壁紙やフローリングなどのパターンを簡単に作ることができるので、検討用として多くの場面で利用される。

    3-2. インテリアデザイン

    建築設計同様、計画の検討用としての利用も行われるが、最もよく使われる場面はクライアント・施設などへの説明用であろう。
    百貨店への出店時には、提出図面へのパース添付は必須となっている。工事中の仮囲いへの掲示やプレスリリース、広告での掲載に利用されることもある。その他の出店時は、区画・店舗オーナーへのヒヤリングに利用される。

    4. 内観パースを制作するメリットは?

    繰り返しにはなるが、設計者・施工者・施主の間でのイメージの共有ができ、認識相違の回避や希望への修正・改善を行うことができるメリットは大きい。

    また外観に比べて、家具やマテリアルの候補検討などシミュレーションとして利用される機会は多いだろう。今では写真と見間違えるほどのクオリティが表現可能になり、その精度もかなり高いものになっている。


    5. 内観パースまとめ

    以上が内観パース・インテリアパースについて理解を深めるために解説した内容となる。

    外観パースは主にスケールの大きなものに利用されることが多いが、内観・インテリアパースはより身近な空間や店舗の内装について、その未来像を描いたものになる。

    仕上げ材の違いや配置する家具の種類によって大きく印象が変わるため、事前に内観パースを利用して、確認・検討しておくのは有効だ。制作者側は、その空間が時には現実以上魅力的なものになるくらいの高い表現力が求められる。

    関連記事
    >>【初心者向け】「CGパース」とは?その種類・制作方法や価格を解説
    >>【初心者向け】「外観パース」とは?その種類、作り方や利用方法を解説
    >>【初心者向け】「鳥瞰パース」とは?その作り方と利用方法を解説

    ☆この記事がお役にたちましたら、↓シェア・リツイート・ピン・ブックマークをよろしくお願いします。

    コメントはこちらから

    *
    *
    * (公開されません)