建築パース制作は質の高い建築CGを提供するモデルノへ

3D Architect Rendering Farm 建築パース制作

【建築CG】見れば必ずわかる!窓ガラスの表現方法【3DCG】

478 views
約6分
    【建築CG】見れば必ずわかる!窓ガラスの表現方法【3DCG】
    コマッタ
    建築パースの描き方は一通りできる方
    画力を上げたい人

    「いつも窓ガラスの表現で悩むなぁ」
    「建築パースのプロはどんな描き方をするのだろう」
    「なんか不自然な表現なんだよなー」

    そんな方に向けた記事になります。

    今回ご紹介する内容は

    【建築CG】見れば必ずわかる!窓ガラスの表現方法【3DCG】
    読書さんへのメッセージ

    建築パース作成を始めて、最初に悩むといったら窓ガラスの表現でしょう。

    丁寧に室内のモデルを作り、ガラス板のマテリアルを設定しレンダリングしてみてもなかなか思ったような結果が得られません。原因はガラスに映り込むカメラバックのオブジェクト(現実世界では近隣建物など)がない為です。

    実際に何千ポリゴンのオブジェクトを配置してもよいのですが、処理計算の負担が増え作業効率を著しく下げてしまいます。

    現状では、ガラス奥の室内オブジェクトをある程度作り、反射等の表現を画像編集ソフトに頼る方法がベストだと思います。

    この記事では、室内の作り込みをしていない状態(下画像左)からスタートして、窓ガラスの表現が完成(下画像右)するまでの工程を説明していきたいと思います。(基本的なPhotoshopの使い方は必要となります)

    この方法をマスターすれば、ガラスの表現にはもう悩まないことでしょう。

    スクショ

    窓ガラスの選択範囲を設定する

    スクショ

    まずはガラスにあたる部分に選択範囲を設定して合成の準備を行います。
    (photoshopの長方形選択ツール等を利用して作成しましょう)

    現実世界で日中の窓ガラスを観察してみると奥にある室内はだいぶ暗く見えます。ここでも若干ではありますが、選択したガラスの部分を暗めに調整します。

    ちなみに画像右側には比較対象として、室内とカーテンまで3DCGソフトで作成した画像を配置しています。


    窓ガラスの選択範囲にカーテン画像を合成

    スクショ

    画像検索や3Dソフトで作ったカーテンの画像をガラス選択範囲の中に配置していきます。
    (「カーテン」というキーワードでいろいろな画像が見つかります)

    後の完成画像で把握できますが、
    2階は天井面のダウンライトを表現する為にひだ付カーテンで両サイドに配置するのがよいです。

    また、カーテンの色は白色で、できる限り明るくするのがポイントです。


    カーテンに影を描く

    スクショ

    合成したカーテンの選択範囲に限定して、ブラシツールのソフト円ブラシを使って影を描きます。

    カーテンは窓枠から陰影を受け、これを表現すると立体感が生まれます。
    実際に3Dでつくりこんだ画像でも確認ができます。(下画像右黄色矢印)

    太陽は画像左にあるので、カーテンの左側80%右側20%程度の割合で濃さを調整します。


    窓ガラスの選択範囲に空画像を乗せる

    スクショ

    その上に空画像を乗せます。個人的には若干雲が写っている程度のものを好みます。

    モードは通常で不透明度30%に設定しています。これには決まりはなくソフトライトやオーバレイを使用することもあります。調子を確認しながら決定しましょう。

    この状態で最低限の表現がされたと思います。


    樹木の映り込みを追加

    スクショ

    ガラスの写り込みを表現するのに用いられる一般的な方法です。

    樹木の切り抜きデータを空レイヤーの上に配置。モードは焼き込みカラー・不透明度30%に設定。
    こちらも決まりはありません。

    また、合成に用いる樹木は彩度を落とした白黒に近い状態のものを用いるとよいです。
    Photoshopにて色彩・再度の彩度を-100、明るさ・コントラスト 従来方式/明るさ-100・コントラスト100にて作成。

    切り抜き樹木素材データについてはこちらの記事にまとめています

    ▼樹木素材とレタッチテクニック/モデブログ▼
    >> 建築CGに利用できる樹木低木素材とレタッチテクニック


    その他の合成

    スクショ

    ここまでの状態でも十分なのですが、もう少しだけ要素を追加していきます。

    2階窓の写り込みが寂しいので電線を表現します。単純にブラシツールのハード円ツールで線を描き、透明度を20%に設定しています。(下右画像黄色矢印)

    こちらは好みですが、太陽は左側から建物を照らしております。ガラスも同様で、その左上にブラシツールのソフト円ツール・白色で光を描きオーバーレイで乗せます。これで若干の陰影がガラスに表現されました。

    今回のまとめ

    窓ガラスの反射をNGとする案件があるので例外もありますが、
    弊社では、3Dの時点で室内・カーテン・建具・ダウンライト等の作り込みを行いその後、画像編集ソフトで空等の合成を行います。

    上画像右側が室内の作り込みを行なった後に合成した結果です。

    今回は真正面からのアングルでしたのであまり違いは見られませんが、カーテンに落とす影等合成では難しいところがあります。 リアリティを追求するには出来る限り3Dで表現する方がよいです。

    以上でガラス窓の解説は終了になります。
    行う手順と内容はとてもシンプルで、10年以上前に発売されたパース解説本にも掲載されているような内容です。

    それでもガラス表現の悩みが解決されないのは、今回解説したポイントを意識しているかしていないかでだいぶ結果が変わるためだと思われます。

    ちなみに

    カーテンウォールなどの大きなガラス窓の反射を表現する場合、ちょっとしたコツがあります。下の写真でもわかるように、だいぶ反射映像が歪んで見えています。これは複層ガラスの膨張・収縮によっておこる現象のようです。

    3Dのガラスマテリアルにバンプチャンネルで不陸を表現しておき、その上に反射画像を重ねることで、よりリアリティのある建築パースに仕上がるはずです。

    まど


    ▼その他のレタッチテクニックはこちらの記事にて▼
    >> [必見] 建築CGの描き方・レッタッチテクニックまとめ [徹底解説]

    ☆この記事がお役にたちましたら、↓シェア・リツイート・ピン・ブックマークをよろしくお願いします。

    Comments & Trackbacks

    *