建築パース制作は質の高い建築CGを提供するモデルノへ

3D Architect Rendering Farm 建築パース制作

【建築CG】これで解決!画像解像度と出力サイズの関係

605 views
約6分
    【建築CG】これで解決!画像解像度と出力サイズの関係
    ある程度の建築パースが描ける方
    これから勉強しようと思っている方


    「A4でパースを印刷したいんだけどどのくらいの大きさでレンダリングすればよいのだろう」
    「よくわからないからとりあえず大きくレンダリングしてしまえ」
    「そもそもモニターで見るだけだからそんなに大きくレンダリングしなくていいよね?・・・」

    そんな方に向けた記事になります

    今回ご紹介する内容は

    【建築CG】これで解決!画像解像度と出力サイズの関係を解説
    読書さんへのメッセージ

    「解像度」という言葉、よく見かけますが本当に理解している方はそう多くないでしょう。
    dpiとかピクセル数とかなんだかよくわからない用語が絡み合ってくるので、拒否反応高めな方多いですよね。


    建築パースを印刷するその都度、解像度について調べて~忘れて・・・の繰り返しでは効率が悪すぎます。
    この機会に理解を深め、解像度問題にケリをつけましょう!

    また、最近は高解像度モニタでの表示も意識してレンダリングサイズを決定する必要があります。
    印刷だけでなくパソコン上での表示も理解するため基本を学んでおくとよいでしょう。

    そもそもdpiってなんですか?

    画像データにおける解像度は「dpi(ドットパーインチ)」という単位で表現します。ディーピーアイってよく言いますね。
    これは1インチ(約2.54cm)内にある点の密度を表記したものをいいます。

    72dpiとは1インチあたり72ドットの画像解像度ということになります。
    350dpiとは1インチあたり350ドットの画像解像度ということになります。

    一般的に、解像度が高ければ高いほど画像はきめ細かく高品質な印刷が可能になります。
    一方、解像度が低くなるほど画像の鮮明さは失われていきます。画像を使う場合には、この解像度が大変重要になってくるというわけです。

    それでは「解像度が高い」とはどういう事ですか?

    解像度が高い画像とは「情報量が凝縮していて鮮明に印刷できる画像」ということです。
    dpiが高いほど、ドットが多く滑らかな画像ということが言えます。

    しかし、ディスプレイ上では画像ピクセル数でのみサイズや見た目が決まるので、
    解像度(dpi)がいくつであっても、同じピクセル数の画像なら画面上の違いはありません。

    400×400ピクセル/解像度:72dpi
    400×400ピクセル/解像度:300dpi

    ちなみに、Retinaをはじめとする高解像度モニターに綺麗に表示させるためには2~3倍のピクセル数画像が必要となります。解像度を72dpiから144dpiにすればよいということではないので注意が必要。大きくレンダリングしましょう。

    解像度(dpi)が関係してくるのは印刷をする場合のみということです。


    印刷に適した画像解像度とは

    A1までの大きさのデータは200~350dpi、それ以上は200dpi程度の解像度がおおまかな目安です。
    通常フルカラーの印刷物の場合、「画像解像度は原寸サイズで350dpiが適切」と案内している印刷会社さんが多い印象です。

    また、解像度(dpi)は高ければ高いほどいいというわけではなく、実際には300dpi以上の解像度(dpi)は人の目にはほぼ判別できないようです。無駄にデータが重くなる原因なので最適な解像度は重要です。

    大判ポスターの場合は、離れて見る事を想定するので、大きくなればなるほど高解像度は必要なくなります。
    解像度は200dpi程度でも問題ないのではないでしょうか
    ただし、近くで見てもきめ細かい再現が必要な場合には、300dpi以上が必要な場合もあります。

    ポイント

    印刷では最低200から、300or350程度のdpiがあればOK

    画像解像度が低いと印刷はどうなる?

    解像度が低いとは、構成するドットの密度が低いということなので写真がぼやけたり、エッジが荒かったり、画質が悪くなってしまいます。パソコンで見ている分にはきれいな写真であっても、解像度が低いものは実際に印刷をしてみると画質の悪さが目立ってしまうのです。

    一般的に、Webで表示される解像度の目安は72dpiとなっており、画面上では綺麗に表示されています。
    しかし、72dpiの解像度では印刷用途としては低いため、印刷するとぼやけてしまう場合があるので注意しましょう。

    印刷した時の72dpiと350dpiの違い

    画像解像度と印刷サイズの計算方法

    どのくらいの大きさでレンダリングすればよいのかは、出力するサイズに依存します。
    余裕をもった大きさで設定しておくのがよいかもしれません。

    計算方法も調べればあるのですが、まぁややこしいのでこちらのサイトを参考に。

    このページでは印刷解像度を設定すれば、出力サイズに応じたピクセル数が表示されます。
    例:印刷解像度250dpi A4出力では 2923×2067ピクセル


    今回のまとめ

    印刷に適した画像解像度は

    A4〜A1サイズで200〜350dpi
    フルカラー印刷では350dpiが一般的
    ピクセル数の計算は出力サイズを決めてから「popup.jp」にて

    今回紹介した内容を理解すれば、たいていぶち当たる解像度問題には対応できるかと思います。
    少し触れましたが、今後は高解像度モニタでの表示時の対応が重要になってくることでしょう。

    その他、建築CG制作におさえておきたい知識の記事はこちら
    >>建築CG】照明色温度の基本とIESライトを解説【3DCG】
    >>【3DCG】建築CG制作時のアングル決定方法【カメラ設定解説】

    ☆この記事がお役にたちましたら、↓シェア・リツイート・ピン・ブックマークをよろしくお願いします。

    Comments & Trackbacks

    *