建築パース制作は質の高い建築CGを提供するモデルノへ

3D Architect Rendering Farm 建築パース制作

夕景に雪を降らせるレタッチ 建築パーステクニック

197 views
約4分
    夕景に雪を降らせるレタッチ 建築パーステクニック
    1153065
    ある程度の建築パースが描ける方
    これから勉強しようと思っている方


    「いつも同じような表現になってしまうんだよなぁ」
    「もっと人の目を引き付けたい」
    「天候のバリエーション表現が学びたい」

    そんなことを考えている方に向けた記事になります

    今回ご紹介する内容は

    夕景に雪を降らせるレタッチ 建築パーステクニック
    読書さんへのメッセージ

    前回の記事で夕景に雨を降らせるレタッチを紹介いたしました。

    そこで作成したパースをベースに今度は雪が降っている情景を表現していきたいと思います。

    □ ベース画像に雪が積もりかけてる効果を追加
    □ 箇所箇所で雪の具合を調整
    □ 人物を変更
    □ 画像全体に雪を降らせる


    すべてPhotoshopでの作業となります。

    ▼合わせて読みたい レタッチ記事▼
    >> [必見] 夕景に雨を降らせるレタッチ 建築パーステクニック [徹底解説]


    ベース画像に雪が積もりかけてる効果を追加

    雨の効果等を取り除いた状態の画像からスタートします。
    一番上にレイヤーを追加して、[選択範囲]>[色域指定]を選択。スポイトで適当な位置をクリックしてOKボタンを押すと選択範囲が作成されるので、白で塗りつぶし。

    箇所箇所で雪の具合を調整

    この白で塗りつぶしたレイヤーを複製したり、スクリーンや覆い焼きカラーで重ねたりバランスを見ながら雪が積もってきている情景を作成していきます。

    手前地面と背景にのせて調整。足跡画像を合成しました。
    建物・植栽部にも調整してのせていきます

    人物を変更して効果を追加

    今回もMRCUTOUT.COMさんから拝借して配置。
    霧の雰囲気を追加するためにソフト円ブラシで下画像のように白で描画。モードは通常で不透明度を30%に調整。

    画像全体に雪が降る効果を追加

    無料のブラシを利用して雪を描いていきます。
    https://www.brusheezy.com/brushes/57761-free-snow-photoshop-brushes-2
    小さめの雪と大きめのもの2種類を白色で描いて不透明度で調整

    最後にカラールックアップより「Crisp_Winter.look」を30%、青色で塗りつぶしたレイヤーをオーバーレイ15%でのせて完成です。

    今回のまとめ

    以上が夕景に雪を降らせるレタッチ 建築パーステクニックになります。

    表現できる天候の中では一番迫力が出るので、覚えておきたいですね。

    行う作業はそれほど難しくないですが、バランス等のセンスが問われるので
    参考となる風景写真を用意して、それを見ながら制作することをおすすめします。



    ▼その他のレタッチテクニックはこちらの記事にて▼
    >> [必見] 建築パースの描き方・レッタッチテクニックまとめ [徹底解説]

    Comments & Trackbacks

    *
    *
    * (公開されません)