建築パースに使えるC4Dのちょっとしたモデリングテクニック  |

建築パース制作は質の高いCGを提供するモデルノへ

3D Architect Rendering Farm 建築パース制作

建築パースに使えるC4Dのちょっとしたモデリングテクニック 

142 views
約3分
建築パースに使えるC4Dのちょっとしたモデリングテクニック 
コマッタ
Cinema4Dを使って建築パースを作っている
モデリングを行なっている人

「渦巻き形状を作成したいのだけれども自然な形にできない」
「綺麗な円形状が描けない・・・」
「いろんなモデリングの方法が知りたい」

そんな方に向けた記事になります。

今回ご紹介する内容は

スプライン円弧ツールを使ってロートアイアンの渦巻きをモデリング

古典・西洋的な表現をしなければならない時にちょくちょく目にするのが上の写真のような渦巻き模様。

この形を作るときちょっと悩みますよね。スプラインでくるんと形状を描こうとしてもなかなか難しい。
円形状で下絵をつくってそれに沿うように・・・でも難しい。結局力技になってしまいます。

そんな時に「スプライン円弧ツール」が役に立ちます。使ったことがあるって人の方がすくないんじゃないかってくらいのマイナー感がありますよね・・・

スクショ

しかしこれが結構強力で、思ったような渦巻きが簡単に描けてしまうのです。

スクショ

あとはいつも通り、スイープNURBSに断面形状と一緒に入れて完成。

スクショ

正直なところ、このパターン以外での使い所が思い浮かばないのですが、覚えておくとちょっとだけ便利です。

今回のまとめ

作業手順をまとめると
  1. スプライン円弧ツールを使って形状を描く
  2. 断面形状と一緒にスイープNURBSに入れる
  3. フィレットを利用して面取りを行う
これでぐるんぐるんした形状でも簡単に作成することができます
ライン ライン ライン ライン ライン

Comments & Trackbacks

*
*
* (公開されません)