建築パース制作は質の高い建築CGを提供するモデルノへ

3D Architect Rendering Farm 建築パース制作

【簡単変換】CGパース・写真を手書き風に!【Photoshop】

135 views
約4分
    【簡単変換】CGパース・写真を手書き風に!【Photoshop】
    1153065
    ある程度の建築パースが描ける方
    これから勉強しようと思っている方


    「このCGパース、手書き風にしたいなぁ」
    「Photohoshop使えばなんかできるんでしょ?知らんけど」
    「パースの表現バリエーションが学びたい」

    そんなことを考えている方に向けた記事になります

    今回ご紹介する内容は

    【簡単変換】CGパース・写真を手書き風に!【Photoshop】
    読書さんへのメッセージ

    建築CGパースの制作者なら一度は考えたことありますよね。
    「このCGを手で書いたやわらかい雰囲気の絵にできないかな・・・・」

    そんなことを考えてググってみたりyoutubeをあさってみたけど微妙なものばかりで・・・
    みたいな悩みありましたよね?

    その悩み、数クリックで解決できます。ただし今回は有料ツールの利用です。
    いろいろと探してみましたが現状、無料で利用できるアクションはレベルが低くておすすめしません。

    4種類セットで16ドル・1つのみで8ドルでした。リンクを貼っておくので確認してみてください。
    とても安く感じるほどの効果を実感できると思いますよ。

    今回の記事では、フランク・O・ゲーリー設計「ウォルト・ディズニー・コンサートホール」の写真をもとに、その有料ツールを使って手書き風に変換するプロセスを紹介したいと思います。

    着色前の線画までの方法でしたら無料でやり方を学べます。youtubeでも紹介されています。


    Photoshopを英語環境にする

    英語ベースのアクションを適用するので日本語環境だと不具合を起こします。
    Photoshopのアプリケーションフォルダより 「Locales」>「ja_JP」>「tw10428_Photoshop_ja_JP.dat」の拡張子を「.bak」に変換して起動すれば英語環境になります。

    写真を用意する

    今回も「無料の写真素材 Pexels」さんから拝借いたしました。

    写真の情報を確認する

    RGBモード・8ビットでの環境を推奨しています。
    上部メニューの「イメージ」>「モード」から確認しましょう。

    アクション・スタンプを読み込む

    アクションパネル右上の三本線よりアクションを読み込みます。
    今回は上のリンク先で紹介した「TechnicalArt Photoshop Action」を適用するのでそのアクションを選択します。

    同様にスタンプの方も購入後にダウンロードできるフォルダから読み込みます。

    レイヤーを追加して名前を「brush」にして描画

    名前を必ず「brush」に変更してください。デフォルトのままだとエラーがでます。
    上画像のようにソフト円ブラシで適当に描きます。おそらく色を残したい範囲をざっくり選択するイメージで行うと、最終結果がうまくいくと思います。

    brushレイヤーを選択したままアクションボタンを押す

    ダダダっとコマンドが適用されて複数のレイヤーが制作され、上のような画像が数秒で生成されました。

    今回のまとめ

    以上がCGパースや写真を手書き風に簡単変換!Photoshopアクションになります。

    8ドルから16ドルの有料ツールになりますが、
    ボタンひとつ押すだけで手書き風の画像になってしまうのでおすすめです。
    建築学生なら手書きパース書けるぜとドヤれ、パース屋なら手書きも出来ますと業務の幅が拡がります。



    その他のレタッチテクニックはこちらにまとめてあります。

    Comments & Trackbacks

    *
    *
    * (公開されません)