Case 1 〜分譲住宅 外観パース〜

株式会社 様のご依頼により戸建住宅外観のパースを作成いたしました。

■ 制作開始〜アングル作成

  ご依頼にあたり、当該建物の一般図(平面・立面・配置図)の図面データを「DXF」形式に変換してご提供いただき、それをベースに3次元化していきました。

  最終的な仕上がり構図を決めるため、アングル画像を何点か用意して確認していただきます。

 

  図面提供時に仕様書まで準備していただいている場合、把握しやすいように仕上材を設定した状態で画像を用意します。
 

□ 1棟現場・真正面からのアングルの場合、訴求性が高く仕上がることが多く感じます。

  今回の意匠の場合も正面からがよりよいと考え提案し そちらで進めていくことになりました。

■ 外構作成

外構のデザインが決まっていない段階での依頼のため、建物の雰囲気に合わせこちらで作成していきました。アングルが決定しているので見える範囲での対応になります。

■ ディテール作成

​建物のリアリティを強調するため、樋・通気口・雪止金物、コーナー材等の表現を必要に応じて行います。

​細かく表現すればするほど絵的に魅力が増す印象です。

■ チェックバック〜修正対応

​修正を書き込んだ資料をいただきました。

​納得いただけるまで対応し、完成へと向かいます。

■ 対応完了〜メール送信〜チェック

すべての内容を反映させて対応を完了させました。

​市街地での計画のため、周辺にご近所さんを配置。ディテール同様、リアリティを付加するには大事な要素です。

■ 修正対応完了〜納品

何回かの修正やりとりの後、印刷用データをメールにて納品。

​夕景のパターンもご依頼いただきました。

Copyright 2020 Moderno all right reserved